アパレル販売員は体力勝負!?おしゃれが好きなら向いてる仕事

立ち仕事

1日中立ってて足がパンパン

おしゃれな服に囲まれて、洗練されたたたずまいのアパレル販売員。お店を訪れるお客様に笑顔で接客。華やかなアパレル販売員のお仕事は、実は体力勝負のお仕事なのはご存知ですね。

お店がオープンしてから、休憩までの時間はずっと立っているのは当たり前。お客様を待っているときも、お店の中を歩きながら商品を畳み直したり、ディスプレイを直したり、とにかく立っています。お客様にさりげなく提案をするときに、立ったり座ったりという状態もあり。

アパレルショップの店員さんは皆さんオシャレですし、立ち仕事だからといってペタンコのスニーカーや足に良さげな靴を履いているということもありません。お店で売っているサンダルを履いていたり、ヒールのある靴を合わせていたりと、足に負担がかかりそうな靴を履いているものです。

とにかく、お仕事を始めたばかりのときは、足がぱんっぱんになってしまうのだとか。家に帰って疲れを取る入浴剤を入れたお風呂に入って、足をモミモミ。お風呂上りには湿布を貼っているという販売員さんも少なくないのです。

接客のときだけでなく、足腰に来るのがバックヤードのお仕事。商品の入った段ボールを上げ下げしたり、商品をだして運んだり。在庫チェックで立ったり座ったりを繰り返すのも結構大変。販売員の仕事は体力が必要。健康第一!なのです。

たいへんだけれど、楽しい!アパレル販売員

1日中立っているのは確かにたいへん。それでもアパレルショップの店員の仕事は楽しい!という声も多数聞かれます。アパレルの職種の中で、おしゃれが大好き、そのブランドが大好き、お店の商品を着るのが大好きという方に向いているお仕事です。そしてお客様との触れ合いが楽しい、提案したコーディネートを喜んでもらえるとうれしいのです。

売り上げ目標を目指して、日々仕事に励み、達成したときの喜びもひとしお。始めはたいへんに感じても、だんだんと自分が成長しているのがわかるとやりがいは増します。アパレル販売の仕事をやってみたい!ということならば、派遣から始めてみると良いですよ。

このページの先頭へ