【必見】アパレル求人応募の履歴書の書き方

履歴書の書き方
アパレル求人に応募するときに持参する履歴書。いざ書こうとすると、書き方に迷ってしまった…という方もいらっしゃるかもしれません。このページでは、基本的な履歴書の書き方とアパレルならではの気を付けるべきポイントをまとめました。履歴書はあなた自身を伝える大切なツールです。心を込めて書きたいですね。

基本的な履歴書の書き方

履歴書は必ず黒の万年筆かボールペンで丁寧に書きます。油性のボールペンはかすれたり、インクがダマになって汚く見えてしまいます。水性ボールペンは書いた文字はきれいですが、濡れるとにじむのが難点。そこで、書きあがりもキレイで水にも比較的強い、ゲルインクボールペンが特にお勧めです。書いて消せるボールペンは、やめましょう。間違えたときは一から書き直し!修正液や二重線消しはだめです。

住所は都道府県名から省略せずに。マンション名、アパート名と部屋の番号まで書きます。連絡先の欄は、住所と別のところに連絡する場合は書き、同じ場合は「同上」でかまいません。
年月日を書く場合は、履歴書全体で西暦か和暦かを統一します。提出年月日は、面接当日、もしくは履歴書を書いた日(前日)が良いです。

履歴書に貼る写真の注意点

履歴書に貼る写真のサイズは、3cm×4cmが基本。背景は無地で、胸から上、正面から撮影したものを使います(3カ月以内)。清潔感がある方が印象が良いので、髪が長い場合はまとめます。

服装はスーツが無難ですが、きちんとしたさわやかな印象を与えるブラウスやカーディガンスタイルがおすすめ。スナップ写真の切抜きはNGです。
表情は軽く微笑むような感じで。口角をあげて、目は開いて撮ると良い印象です。

写真は、履歴書だけを見たときに最初に目に入る部分でもあります。インスタント写真ではなく、写真館できちんと撮った方が綺麗ですし好印象です。

写真を貼るのは履歴書をすべて書き終えてからがベターです。先に貼ってしまうと、書き損じたときに使えなくなってしまうためです。写真の裏には名前を書いておくのも忘れずに。(万が一はがれたときにわかるように)。

学歴はいつから?卒業入学年月日について

アパレル業の求人では、学歴よりも経験のほうが重視される傾向にあります。とはいえ、履歴書として提出する場合は学校の卒入学年はきちんと書くのが大事。基本に沿って書けているかどうかは、常識があるかないか?という部分の評価にもつながるからです。学歴は小学校、中学校は卒業年月のみ。高校からは入学卒業年月を書きます。高校、大学は、専攻学部、学科まで正式名称で書くようにしましょう。

免許・資格の欄には持っている資格は全て書くべき?

PRのために持っている資格は全て書きたくなってしまいますね。でも、応募職種にあまりにも関係ない資格を書くのは控えた方が良いです。
応募したい職種に関連した資格を厳選して、正式名称で記入しましょう。
記入例)ファッションビジネス能力検定 2級 

○アパレル関連の資格の例

  • ファッションビジネス能力検定
  • パターンメーキング技術検定試験
  • ファッション色彩能力検定試験
  • パーソナルカラー検定
  • カラーコーディネーター検定試験
  • 色彩検定
  • 衣料管理士

アパレルの志望動機、自己PR欄は何を書く?

志望動機は、自己PRの欄は履歴書の中で、もっともあなたについてアピールできるところです。決して空欄にしないようにしましょう。
「なぜ、その仕事に応募しようと考えたのか」「将来、どんなことをやりたいと考えているか」を具体的な例を挙げながら書くと伝わりやすいです。

例)わたしは幼いころからおしゃれがとても好きで、特に貴社のブランドの洋服は愛用させていただいております。きちんとした印象の服もあれば、カジュアルなシーンでも活用できるアイテムが多い点に魅力を感じております。前職ではカフェで接客を行っておりました。お客様とのコミュニケーションを大切に、思いやりを持って接することを意識していました。今回、以前から憧れていたアパレルの販売員にチャレンジしたいと考え、好きなブランドである貴社で働きたいと思いました。アパレルの販売経験はありませんが、前職での経験が生かせると思い応募いたしました。

追伸

基本的な履歴書の書き方を踏まえながら、あなたらしさを志望動機欄でしっかりアピールできると良いですね。面接でも聞かれる部分ですので、一度は暗記してすらすらいえるようにしておきましょう。実際の面接では丸暗記の文章を言うだけでなく、少しふくらませるようにした方が自然です。

アパレル業の転職が初めて、という場合、履歴書の書き方や面接について不安に感じることもあるでしょう。アパレル専門の転職支援サービスで、コンサルタントに相談してみると良いです。履歴書の書き方や面接の受け答えなどのアドバイスが受けられるのでとても心強いです。

このページの先頭へ