好印象!アパレル業面接のマナーをマスター

面接

転職の場合も、未経験から始める場合も採用されるためには面接が大切。採用担当のスタッフに印象が良いこと、いっしょに働いても大丈夫と思っていただくには、面接のときの立ち居振る舞いがものを言うことは間違いありません。

そこで、今回はアパレル業の面接のときのマナーをまとめます。しっかりマスターしてくださいね。

初回の訪問時…挨拶はきちんと、受け答えはハキハキと

応募先の企業へ初めて訪れるときは誰でも緊張するものです。でも、会社に足を踏み入れたときから面接は始まっていると考えましょう。
まずは、携帯電話の電源をオフに。上着を着て行った場合は脱いで手にかけてから受付に向かいます。

受付では明るく「おはようございます」「こんにちは」と挨拶をします。
そして、あなたの名前をハッキリ名乗ります。「○○より参りました、△△△△△です」。その後の行動は指示をよく聞いて従いましょう。

控室に案内されるとホッと一息入れたくなってしまいがち。でも、ここでもマナーが大切。椅子に良い姿勢でしっかりと座り、だらしない恰好をしないことです。携帯電話をいじったり、お化粧を直したりは論外です。

面接会場に入る時 「失礼します」と声を掛けて

面接会場に呼ばれたら、まずドアを2回ノックします。中の面接スタッフから返事があったら、「失礼します」とあいさつを忘れずに。
ドアを閉めるときは面接スタッフにお尻をむけてはいけません。体を半分ドアに向け、ゆっくり閉めます。
閉めたドアの前で、もう一回お辞儀をできれば完璧です。

椅子が置いてあっても、自分から座るのはNGです。名前を名乗って、相手が「どうぞおかけください」というまでは立っているようにしましょう。座るときは、「失礼します」と言ってから。

しぐさと姿勢がものを言う

意外に忘れがちなのが面接スタッフと向かい合った時の目線と姿勢です。相手の話を聞くときは、相手の口元を見ておき、答えるときには相手の目を見て答えるという風にします。きょろきょろしたり、ガン見するのはやめましょう。
いつも足元を見たり、テーブルを見たりしていると目線が下がり、暗い印象になってしまいます。顔をあげて、相手の話を聞くと好印象。

お辞儀のとき、注意したいのは顔の動き。うっかり相手の方を見ながらお辞儀をしてしまうととても不恰好です。背中から首にかけてまっすぐにした状態で、腰を折るときれいにお辞儀ができます。手は、体に沿わせるか、もしくは下腹部の前あたりで軽くそろえるのがおすすめ。

時折、胸の真下で手をそろえてお辞儀をする方もいますが、おかしいのでやめた方が無難です。

退室のときも気を抜かないで!

面接が終わって、やれやれ…と思っていてもまだまだ終わっていません。終わりです、と言われたら、そのまま一礼して立ちます。そして改めて「ありがとうございました」と言ってお辞儀をします。
姿勢正しくドアまで歩いて行き、ドアの前で面接スタッフの方を向いて「失礼します」と声を掛けてからドアを開けて出ます。
ドアはバタン!と閉めないこと。そっと丁寧に閉めて面接が終わります。

追伸

面接のときに忘れがちなマナーをまとめました。初めてのときは、なかなかうまくいかないものです。転職支援サービスのオフィスで、面接の予行練習が行える場合もあるので、登録したらコンサルタントに相談してアドバイスを受けたり、練習をしたりすると安心して面接に臨めます。

このページの先頭へ