アパレル転職 自己PRが大事!あなたの魅力の見つけ方

自己PR
転職の面接では、あなたの良さをしっかりと面接官に伝えるのがとても大切。求人への応募者が多い時にはなおさら、印象に残る自己PRをしたいところですね。ここでは、面接や履歴書で自己PRを行うための、あなたの魅力の見つけ方を伝授します!

あなたの好きなもの、興味や関心があることを書き出す

まずはあなた自身の再確認からです。今まで好きだったこと、夢中になったこと、興味を持ったことを書き出していきます。高校時代の部活のこと。昔夢だったこと、今の夢。将来どうなっていきたいのか?など。良いところ、直したいところといった性格面も書き出しておくと、自己PR分を書くときに役に立ちます。

本棚の中身や、スマホ・パソコンの検索履歴をチェック

本棚にはあなたの好きなものや学んだこと、興味を持ったものが詰まっています。本のタイトルを書き出してみると、あなた自身を知る手掛かりとなります。読んだときにどんなことを考えていたのかも思い出してみましょう。また、スマホやパソコンの検索履歴やブックマークも同様です。知りたいことを検索してきた履歴の中に、自己PRの種になるものがあるかもしれません。

家族や友人にあなたの好きなところを問いかける

自分ひとりの中で完結するのではなく、家族や友人にあなた自身の魅力について問いかけてみましょう。好きなところはどこ?逆にきらいなところや直してほしいところは?楽しかった思い出は?と。客観的にあなたを評価してくれる言葉の中に、予想とはちがうあなたの姿が見えることもあります。

就職情報誌やインターネットの適職診断や性格診断をやってみる

あなたを知っている人の評価だけでなく、統計データに基づいた適職診断や性格診断をやってみましょう。自分はこれが合っている、と思っていたものとはちがう適性が見つかるかもしれません。

前職やアルバイトの経験を具体的にまとめてみる

アパレル関係の仕事の経験があるなら、アルバイトも含めてどんな仕事をしてきたのかをまとめます。できることややりたいことを的確に伝えるための材料になります。また、その経験を会社側が求めているかもしれません。しっかりアピールできるように具体的に、かつ簡潔にまとめておきましょう。

追伸

面接や履歴書で自己PRをするための材料を集める方法についてまとめました。どれも今すぐにできることです。1つ1つ時間を掛けてじっくりとあなた自身を見つめ直してみましょう。今まで思っていたよりもずっと、アピールできるポイントがたくさん見つかるはずです。書き出したあなたの魅力は短く、わかりやすく伝えるために文章に書いてみると良いです。

このページの先頭へ