英語を生かせるアパレルの仕事~販売・バイヤー・プレスetc 《東京版》

英語を生かす アパレル業
得意の英語力を生かせる仕事をしたいあなたへ。アパレルの仕事の中にも、英語を生かせる仕事がいろいろあります。ここでは、アパレルの求人の中で「英語スキル必須」「英語スキル歓迎」の仕事の例をご紹介します。

  • アパレルプレス
  • 海外ブランドに関する英語の文書を読み、日本に向けて発信するなど、プレスの仕事は多様な場面で英語が必要です。海外向けの英語のカタログを作ったり、雑誌の海外モデルの対応をしたり、といった場面もあります

  • 生産管理
  • 最近では生産部門が海外にある場合も多く、海外の部署とのやりとりをしながら生産を行っていくために英語を使います。現地に飛んで、調整を行ったり指示をしたり。ビジネスレベルの英語力が必要です。

  • バイヤー
  • 海外のセンスの良い雑貨や洋服を仕入れてくるために英語が必要となります。世界中を飛び回って交渉をしていく仕事で、やりがいがあります。英語力だけでなくコミュニケーション力、交渉力なども求められます。

  • ショップ店員
  • 海外ブランドだけでなく、国内のブランドショップに訪れる外国の方への接客に英語スキルが生かせます。日常会話だけでなく、ブランドの知識を持ちコーディネートの提案も行えるほどの英語力が欲しいところ。

  • デザイナー
  • 欧米生まれのブランドで洋服のデザインを行います。英語での仕様書を書いたり、海外スタッフとのやりとりをしたりと、ビジネス英語のスキルを生かせる仕事の一つ

  • 営業
  • あなた自身の能力によって、新しい仕事を開拓していくのが営業の仕事。国内だけでなく、海外とのかかわりもとても多いです。語学力は必須。

追伸

英語力を生かして働きたい方にとってアパレル業は多くのチャンスがあります。東京都内で英語を必要とする仕事が多いエリアは、渋谷区、新宿区、中央区といった都心のアパレル販売ショップや、本社が主です。英語スキルを必要とする求人を探すには、アパレル専門の転職エージェントの利用がおすすめ。あなたの英語スキルについて伝え、最適な仕事の紹介を探しましょう。

東京都アパレル求人の探し方

このページの先頭へ