アパレル事務への転職 志望動機は何を書いたらいいの?

アパレル事務
アパレル企業のさまざまな仕事を円滑に動かしていくために事務(いわゆるバックオフィス)の仕事は必要不可欠。本部のお仕事の支え無くして、会社は成り立たないと言えるほど、とても重要なポジションです。

アパレル関連の職種の中で、他業種からの転職して直ぐに能力を発揮できる仕事ともいえます。ここでは、アパレル事務として求められるスキルと、面接や履歴書で語る志望動機についてまとめました。

アパレル事務で即戦力として採用されるために必要なスキルとは?

アパレル事務の中でも、一般事務、総務、経理、人事というふうに仕事が分かれます。どの分野に配属されるにせよ、確実に必要なのはパソコンのスキルです。データの整理や書類作成といった仕事をしっかりとこなすために、EXCEL、WORDを使えることが求められます。

そして、人事、総務のお仕事ではビジネスマナーを身に着けていると有利です。また、仕事を滞りなく進めるためには人との関わりがうまくできるコミュ力がある人が喜ばれます。

経理の仕事を希望するならば簿記の資格を、人事関連の仕事には社会保険労務士やビジネス実務法務検定などの資格があるのも強みに。また、企業が必ずおかなければならない衛生管理者の資格も役立ちます。

アパレル事務に応募するときの志望動機例

アパレル事務の志望動機としては、パソコンが使えること、簿記などの資格があること、コツコツと仕事をすすめられる性格であること、などを盛り込みつつ、その企業に合っている人材であることを盛り込みます。他業種からの転職の場合は、なぜアパレル事務を選んだのかが伝えられれば理想的です。

  • 他業種で事務の経験があり、スキルを生かしたい
  • 私は大学卒業後、5年間、インテリアメーカーの事務の仕事に携わっていました。パソコンでエクセルを用いてデータを分析したり、ワードを使って書類を作成したりとコツコツ取り組む仕事がとても好きで、迅速に行えます。御社は、最新のトレンドを常に発信されていて、スピード感あふれるブランドであると感じております。前職での身に着けた事務のスキルが生かせると思い応募いたしました。

  • アパレル販売経験後、事務職に転職したい
  • 前職では、アパレルの販売員をしておりました。販売の仕事は接客だけでなく、在庫の管理や売れ筋商品の把握、お客様の需要などのデータがとても重要であることを学びました。この経験から、事務のお仕事に興味を持ちました。データの管理やポップ制作もパソコンで行っていたため、パソコン操作にも慣れています。また、長く接客の仕事に携わってきたため、コミュニケーション力に自信があります。電話応対やお客様対応にも生かせると考えております。

追伸

アパレル事務で求められるスキルや志望動機についてまとめました。事務の仕事は、どんな業種にも必要とされている仕事であり人気があります。多くの応募者の中から、あなたを選んでいただけるよう、事務の仕事内容だけでなく、応募企業やアパレルについて幅広くリサーチしてから考えると良いですよ。

このページの先頭へ