派遣でアパレル販売員を始めるメリットは?バイトや正社員との違いって?

shopmelit
アパレル職といえば、すぐにイメージされるのが販売員のお仕事。接客やディスプレイ、コーディネートの提案などをやってみたいという方は多いです。アパレル販売員の雇用形態は、アルバイト、パートから、派遣、紹介予定派遣、正社員、契約社員など多様です。

ここでは、その中でも派遣の販売員としてアパレル店で働くことのメリット、アルバイト、正社員など他の雇用形態との違い、安心して派遣で稼ぐための方法についてまとめます。

そもそもアパレル派遣の販売員ととアルバイト販売員ってどう違うの?

アルバイトは、お店に直接雇われる形、派遣は派遣会社からお店に文字通り「派遣」されてくる形で働きます。お給料の出どころは、アルバイトはお店(企業)、派遣では派遣会社となるのがそもそもの違いです。

バイトは、バイト情報誌を見て自分で働くショップを探し、自分で応募します。派遣の場合は、まず派遣会社に登録して仕事を紹介されます。ここにも違いがあります。
仕事の内容としては、接客や品出し、ディスプレイなどをどちらも行いますし、あまり変わりがないと感じるかもしれませんが、派遣は「派遣社員」として雇用されるため、アルバイトに比べて責任のある仕事を請け負うことが多いです。

派遣販売員と正社員販売員の違いって?

では、正社員とは違うのでしょうか?会社の正規の社員の販売員です。会社に直接採用されていて、就業規則にのっとった勤務時間を働きます。お店の中では責任ある立場として存在します。

お給料は月々決まった額+残業手当他が入り、会社の福利厚生を受けられる立場です。派遣の場合は、時給制であることが多いことや、派遣会社で契約した仕事の範疇を超えることがないのが違いますね。

派遣で販売員を始めるメリットとは。

アルバイトの場合はお店の直接雇用の為、例えばお店の移転や閉店などで仕事が終わった場合は一から自分で仕事を探していかなければなりません。逆に派遣の場合は、派遣会社に登録して仕事を始めているので、万が一現在の仕事が無くなった場合には、再び別のお店の派遣を受けられます。いくつかの派遣の求人の中から、働きたいブランドを選べるのも良いところ。

福利厚生、お給料の面では正社員に比べたら満足行くものではないかもしれません。でも正社員として働き始めると、万が一そのショップと合わなかった場合に、辞めにくい、辞めても次の仕事が見つかりにくいです。正社員の仕事を探すならなおさら、難しいでしょう。
派遣販売員のメリットは、しっかりとお店の業務を体験して、やりがいやお店との相性を試せるところです。1日の勤務時間もある程度選べます。

デメリットとしては、派遣の期間が過ぎたときにそのままそこで働き続けられるかは確定していない点があげられます。とはいえ、派遣として働き、その仕事ぶりが認められて正社員に登用される方もいます。

時給が高いアパレル販売派遣を探すならココ!

派遣はアルバイトに比べて時給は高いですが、正社員よりは月額の給料が低めというのが一般的です。派遣のお給料は、派遣のエージェントの力による部分が大きいのです。その為、多くの企業から優良派遣会社として信頼されているところに登録するのがおすすめ。

当サイトで紹介している、スタッフブリッジは派遣の時給が地域No.1の転職エージェントです。アパレルに特化しているので、非公開の求人も含め、アパレル販売の仕事の案件を多数持っているのがおすすめポイント。また、ショッピングモールで働きたい方にも向いています。

地域時給No.1のスタッフブリッジについて詳しく

追伸

アパレル派遣販売員として働くメリットや、より確実に稼ぐ方法についてまとめました。一般的なお仕事情報誌やアルバイト情報誌では、条件のいいアパレル派遣の仕事を見つけられなかったというかたは、アパレル専門の転職サイトを賢く使いましょう。専任の転職コンサルタントがいるため、仕事の紹介や悩みの相談などのサポートが受けられますよ。

このページの先頭へ